治療方法と今後の化学療法

治療方法は種類とは

病院

非常に辛い病気の一つにがんがあります。命に関わる重大な病気ですので、どのような治療を必要としているのかを知らなければいけません。ではどのような治療を必要としているのでしょうか。がん治療で効果的な方法なのが手術です。がん細胞をそのままにしておくわけにはいきませんので、手術して取り除く必要があります。最近では手術の他に放射線療法も効果的な方法です。またがんの進行を食い止める、がん細胞を死滅させられる化学療法も効果的になります。しかしがんの進行状況により、どの方法でも完治できない場合があります。そこまでの状態にならないためにも、治療方法によって完治できる段階で発見することが必要です。定期的に健康診断をしてください。

今後の化学療法

がん治療で必ず必要としてくるのが化学療法です。手術でがん細胞を取り除いたとしても、がん細胞が残ってしまっている可能性があります。そのまま放置するとすぐにがん細胞が増殖してしまうため、全てのがん細胞を死滅させる必要があります。がん細胞を死滅させられる方法として効果的なのが化学療法です。抗がん剤を使用するのですが、とても強い薬なため強い副作用が出てしまいます。副作用で苦しめられてしまうのですが、副作用を弱くしがん細胞をしっかり死滅させる薬が研究開発されていますので、将来化学療法はとても辛い方法ではなくなります。がん治療は非常に辛く大変なのですが、しかし将来は辛いがん治療ではなくなる可能性があり、生存確率も高くなるのではないでしょうか。