とても恐ろしい病気である

女性

すい臓がんはとても恐ろしい病気で、それを発見した時にはすでに手遅れの状態になっていることが多いです。しかし早期にすい臓がんを発見することができれば、それを治すのは不可能なことではないのです。ですからすい臓がんではないかと思ったら直ぐに検査をするのが良いです。

詳細を確認する...

治療方法と今後の化学療法

病院

がん治療はいくつか存在しています。手術や放射線そして化学療法があります。どの方法でも進行状況により感知できない可能性があります。しかしがん治療で必要としている化学療法は進化しています。今後辛くないそして生存確率が高まる可能性があります。

詳細を確認する...

治療期間が長く取れる病気

末期症状も怖くない

医者

がんという病気は、転移すると治療できない、そのような常識が一般に信じられています。がんは確かに重大な病気の一種ですが、転移したからと言って、それが全く治療できない訳ではありません。がんという病気は、進行が遅く、従って治療期間も十分に取れる病気です。そのことを踏まえた上で、比較的穏やかな治療を行う医療機関も増えてきました。急を要する場合には、切除手術も行いますが、がんの原因となる要因を徹底的に取り除くことで、がんの進行を止める方法が考案されています。強い薬物や放射線などは極力用いないで、入院による生活改善等が主流となります。食事やストレスなど、病気の原因となる要素を取り除くことで、転移したがんも好転するといいます。

新たな代替え療法

がんという病気は、虫歯に似ていると例えられます。虫歯を作るような食生活を続けていると、虫歯はどんどん増えていきます。がんが転移するということは、この虫歯が増えるのと変わりないことなのです。ただ、がんは、虫歯と違って短期間で治療することはできません。これまで、時間をかけて育ってきた病変を、同じく時間をかけて治療しなくてはならないのです。時間をかける治療法は、根気が必要ですが、薬物や放射線治療に比べると、苦痛が少ないと言われています。生活習慣を変えていく治療法は、再びがんが再発したり、転移を繰り返さないようにするためにも有効なのです。病気の治療も選択が可能となり、いかなる病気治療においても、苦痛を伴わない方法は存在するのです。

血液のガンといわれる病気

医者

悪性リンパ腫は、リンパ系組織から発生する血液のガンです。近年、日本で増加傾向にあるガンといえます。主な症状は、足の付け根、首などのリンパが腫れてしまいます。病院では、主に抗がん剤による化学療法による治療が行われます。治すことができるガンなので、怖がらずにちゃんと治療を受けることが大事です。

詳細を確認する...